感動を超える歓喜の瞬間があなたに訪れる

最近の高配当的中実績

内部情報×データ理論

  • 6/3 東京3R ◎ゲンパチマサムネ
    134740
  • 2/25 小倉8R ◎ユキノカトレア
    68400
  • 4/29 新潟11R 邁進特別◎ラインミーティア
    53290
  • 5/7 東京10R ブリリアントS◎ナムラアラシ
    46560
  • 4/8 阪神3R ◎オーミシューマン
    42460
  • 5/28 京都9R 東大路S◎テイエムジンソク
    29680
  • 7/2 福島12R ◎タイセイラルーナ
    29570
  • 7/2 福島8R◎ルーレットクイーン
    29360

競馬NEWS

セレクトセールで衝撃走る!

▼(この文章は約1分半で読めます)▼

7月の10、11日の2日間に渡って5年連続過去最高を更新する総額173億2700万円(昨年は149億4210万円)を売り上げ、大盛況に終わったセレクトセール2017。

マーケットは活況を呈し、1億円ホースは昨年の23頭を9頭上回る過去最高の32頭。高額取引続出に沸いた今年のセレクトセール。

「アドマイヤ」の近藤利一氏が日本のセール史上歴代2番目となる5億8000万円で落札した事も驚きだったが、このセール中に更に衝撃的なニュースが競馬界を駆け巡った。

IT企業の大手『DMM.com』が、アッと驚く競馬界参入をぶち上げたのだ。

DMM.comとは、東京を中心にインターネット事業などを手がけている会社だが、同社取締役の野本巧氏によるとDMM.comは、7月19日から『(株)DMM.comドリームクラブ』の名でクラブ法人を開始。1口馬主クラブを設立するとの事だ。

従来のクラブ法人とは違い、引退までの必要経費などを算出して前金で徴収(預託料などを含めて一括で前払い)。その後に他のクラブ法人のような月々の支払いは発生せず、募集馬は全て1万口に分割して出資を募るという、1口馬主の常識を覆す新しいシステムを導入。IT関連の会社らしく、募集馬は全てオンラインでの手続きとなるようだ。

ちなみに、3億7000万で落札したジェンティルドンナの全妹(ドナブリーニ2017・牝・父ディープインパクト)は、「1口が5万円ぐらいになる」との話。

当歳馬は来年1月から募集の予定だが、DMM.comは昨年から既に他でも競走馬を入手しており、まずは2歳馬4頭、1歳馬5頭の募集でスタートする。

会員にはスマホのアプリ(早ければ29日にもリリース)などで馬の近況を動画やコメントで配信し、馬名を会員投票で決めるプランもあり、「感動の共有体験をしたい」と野本氏。1口馬主の新時代が到来する。

今年上半期のG1では、皐月賞がアルアイン(サンデーR)、NHKマイルCがアエロリット(サンデーR)、オークスがソウルスターリング(社台RH)、ダービーがレイデオロ(キャロットF)とクラブ法人の所有馬が制し、「1口馬主はクラシックでは勝てない」と言われていたひと昔前とは、時代は確実に変わりつつあるJRA競馬だが、新たにIT界の大手企業がJRAの競馬に参戦した事は、競馬界にとっても大きな追い風となる事は間違いなさそう。

既に競馬以外の分野において国内外に旋風を巻き起こしている『DMM.com』だが、今後競馬界にどのような影響を与えるのか。今後も「DMMドリームクラブ」の動向には大いに注目していきたい。

一覧へ

マスターズ PageTop

メンバーログイン

ID/Passwordをお忘れの方

無料新規登録

携帯版MASTERS

QRコードを読み込むか、URLを
入力して携帯サイトへアクセス。

携帯版MASTERS

http://www.masts.jp